過食嘔吐のリスク

過食嘔吐のリスクについて

身体へのリスクが大きい過食嘔吐 

過食嘔吐とはたくさん食べたものを吐き出すという行為のことを指しますが、主に自分のスタイルにこだわりを持っている女性や、無理なダイエットをしている思春期の女性に多くみられる症状です。たくさん食べてしまったことに罪悪感を感じたり、太るという恐怖感から意識的に食べたものを吐きだすことで精神的に安堵感を得るといった行為です。過食嘔吐が続いてしまうと体内のミネラル分が減少してしまうためむくみや生理不順のほか、消化器官や内臓器官が正常に働かなくなるだけではなく、精神的にも追い詰められてしまうことが考えられます。

過食嘔吐は摂食障害の一つ 

過食嘔吐は摂食障害の一種で、痩せたいという思いと食べたいという思いがぶつかって起こるものです。特に過度なダイエットをしている人に多く起こるもので、摂食障害は痩せたいと思う人の誰にでも起こりうる病気でもあります。過食嘔吐は食べたい欲求と食べてしまった罪悪感で起こってしまい、癖になってしまう人が多いです。胃酸が出てしまうことから食道や口の中などを荒らしてしまうことがあり、歯にも胃酸の影響で抜けてしまうこともあるので注意したいです。手には吐くときに指を突っ込むことから吐きダコというものができる人もいます。

刺青除去とクリニック情報